') ?> 第3回エスコフィエ・フランス料理コンクール|ホテルグランヴィア大阪 ブログ|HOTEL GRANVIA OSAKA BLOG

スタッフのおすすめ

« 前の記事へ | メイン | 次の記事へ »

第3回エスコフィエ・フランス料理コンクール

[Category :スタッフのおすすめ]

オーギュスト・エスコフィエ(1846〜1935)って人物をご存知でしょうか?
19〜20世紀、世界の文化の中心だったパリ、ロンドンで大活躍した料理長。1846年、ニース郊外の小村、ヴィルヌーヴ・ルーベ Villeneuve-Loubetで生まれ、数々の料理修行の後、モンテ・カルロのグラントテル、ロンドンのサヴォイホテル、カールトンホテルの料理長を歴任し、1898年、パリのヴァンドーム広場にあるオテル・リッツの料理長を務めました。その間オテル・リッツの創始者セザール・リッツとのコンビでこれら豪華ホテルのレストランをホテルと同格の超一級レベルにすると同時に、調理を合理化、近代化し、当時まだ過酷な職業だった料理人の負担を減じました。
また、かつて一流レストランではコース料理の設定は存在しませんでしたが、エスコフィエはこれを考案し、予算内での食事を可能にしました。さらに、料理人としてのエスコフィエは目覚しい活躍をしました。例えば今でもデザートに登場するピーチ・メルバ、かえるの腿を妖精の足にみたてた妖精オーロラ風などの創作料理はもちろん、ソース・シャスール、ソース・ ディアーブル、ソース・グラン・ヴヌール、ソース・ロベールなどを軽く仕上げるように改良しました。
1903年にはフランス料理のバイブルともいえる「ル・ギード・キュリネール」を刊行しました。この書には、5000以上の料理のルセット(=レシピ)が載っており、現代においても基本の確認のためにプロの料理人が手放すことのできないものです。その序文では「料理の質を落とすことなく、料理の簡素化を究極まで推し進めることが料理人のなすべきことである」「料理は時代とともに変わっていくべきである」と言い遺しています。
1935年に隠退生活をしていたモンテ・カルロで亡くなりましたが、それまでにフランスの料理文化を世界に広めた功績でレジオンドヌール勲章を2度授与され、「料理大使」と呼ばれました。

この由緒ある「エスコフィエ・フランス料理コンクール」でフルーヴ(フレンチ&イタリアン 19F)の加藤氏が全国200人のコックが集まる予選を勝ち抜き、最終8名で競い合う決勝大会に進出しました。パチ☆\\ ̄ー ̄)( ̄ー ̄//☆パチ
kato%20cook.JPG ← 加藤氏です。

尚、フルーヴでは「オーギュスト・エスコフィエ誕生160周年記念イベント」を開催致します。
Image_1703.jpg
日時:2006年10月28日(土) 16:30〜21:00
料金:1名様 11,550円
Menu:エピキュロスの正餐
 
予約・問合せ:06-6347-1437
               reserve.gif

posted by granviaOSAKASeptember 07, 2006 01:53 PM

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

コメントを投稿

この記事へのご意見・ご感想等ございましたら、どうぞお気軽にコメントしてください。お待ちしております。

特定のコメントに対して返信するには、返信したいコメントの"コメントする"をクリックしてください。


PAGE TOP

Navigation
Recent Entries
Monthly Archives
Search
  • コメントについて
  • トラックバックについて
  • RSSについて
  • プライバシーポリシー